webサーバーは、すべてのデータのDLが完了しないと早送り巻き戻しなどの制御ができません。また、出せるだけの速度でダウンロードさせようとするため帯域に無駄が生じ、同時視聴者数が多くなると正常な配信ができなくなります。
その一方で、右クリックで簡単に保存が可能ですし、PCのキャッシュにも保管されてしまいます。
webサーバーを使って動画配信をすることは、基本的には可能です。しかし、通常のwebサーバーを使用した場合、視聴者ユーザーの回線の違いによって対応を変えることができないため、画質が落ちたり、途切れるなどの再生に影響がでます。
また、同時にコンテンツを見ることのできる人数はごく少人数に限られるため、多くの視聴者に閲覧してもらいたいコンテンツの動画配信には向きません。
これに対し、ストリーミングサーバーはストリーミング配信を行うサーバで、音声や動画などのマルチメディアファイルの配信を得意としており、同時視聴者数が多くなっても、正常な配信が可能です。

ドックフードの適正価格とは