夏の家庭菜園で注意すべきこと

夏になると、ナスやピーマン、トマトなどの夏野菜も収穫が始まり、ペチュニアやヒマワリなど色彩豊かな夏の花が庭を彩り、家庭菜園やガーデニングの楽しさが増すと気です。
しかし、それと同時に、夏は手入れや管理、雑草対策も非常に忙しくなってきます。
野菜の管理では、キュウリは1日1回は必ず獲るようにしましょう。キュウリは1日に3cmも伸びて、1週間で20cmにも成長する生長の早い野菜です。
まだ獲らなくていいだろうと思っているといつのまにか、30cmにもなっているなんてことが良く起こります。
また、ナスやピーマンは実りをよくするために、脇芽を2本残し、主枝と3本にする「3本仕立て」にします。
トマトはすべての脇芽を取り主枝1本にする「1本仕立て」で育てます。こうすることで大きく甘い実がなります。

プラセンタでシミ・そばかすを治す