20代独身男性の保険選び

20代でしかも独身とくれば、まだまだ遊びたい盛り、自分の趣味に打ち込むとか、夜には友達とお酒を飲みながらワイワイ騒ぎたい年代です。

このため、貯金もなく、給料もそれほど多くないと来れば、保険なんて関心は薄いでしょう。

たとえ死亡したとしても、親兄弟は悲しむかも知れませんが、自分で守るべき家族はおりませんので、保険に加入するとしても、死亡保障はあまり必要ありません。せいぜい、自身の葬儀費用が出るくらいの死亡保険に加入する程度でOKでしょう。

少ない給料から保険にお金を回すよりも、将来の結婚資金やマイホームの購入資金を作るための貯蓄をすることの方が大切かもしれません。

しかし、いくら若いと言っても、病気になるリスクはゼロではありませんので、医療保障だけは確保しておく必要があります。

保険料は安いですから、今の内に、一生の保障のある終身型の医療保険への加入がおすすめです。特約を多くつけないシンプルなものであれば、保険料は1000円~2000円程度で済みます。

国の医療保障制度も利用できますので、保障額は入院日額5000円もあれば十分でしょう。

将来のことも考えつつ、複数の保険商品を比較しながら、よく検討して保険選びをしましょう。

「保険のトータルプロフェッショナル」で【お金の悩み】を解決!