災害発生時の安否確認サービスについて

災害等が起きた時に本当に役立つ安否確認サービスには、最小限、次の要件を満たす必要があります。こうした必要な条件をクリアしている安否確認サービスでなければ導入する意味がありません。
■緊急時に誰でも間違いなく簡単に操作することができるサービスであること
■利用できる通信キャリアや機種に依存しないシステムであること
■24時間365日安定して稼動し、万一被災した場合でも、サービスが利用できるシステムであること
■あらゆる通信手段に対応しているシステムであること
■確実に連絡がとれるシステムであること
■あらゆる攻撃や漏洩の危険性から個人情報を守ることができるシステムであること
こうした要件を満たしたシステムを導入しても、肝心の企業がこのシステムを活用できる態勢を整えておかなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。そのため、災害時に企業に求められるものとしては、
■事前準備
連絡体制と安否確認体制の確立、緊急時対応計画の策定、訓練の実施など、想定されるリスクに対して基本的な方針を確立する。
■災害発生時の緊急対応
安否確認、被害状況の把握、情報収集等、災害の状況を速やかに把握し、必要な救護、支援、避難誘導を行う。
■復旧対応
復旧活動の決定と平常時の活動へ向けての活動を支援実行。

放射能汚染の緊急対策