太陽電池のしくみ

太陽光発電システムの中核となっているのが太陽電池で、太陽の光エネルギーを吸収して直接電気に変えるエネルギー変換装置です。

現在、最も多く使われている太陽電池はシリコン系太陽電池で、電気的な性質の異なる2種類の半導体を重ね合わせた構造をしています。

この半導体に太陽光が当たると、日射強度に比例して発電します。一応、電池という名前がついていますが、蓄電の機能はありません。

そして、太陽電池が発電した直流電力は、パワーコンディショナによって、電力会社が供給しているのと同じ交流電力に変換されて、家庭内の各種家電製品に電気を供給します。

また、太陽光発電システムは、電力会社の配電線と繋がっているので、発電電力が消費電力を上回った場合は、電力会社へ逆に送電(逆潮流)することによって、電気を買い取ってもらうことができます。

反対に、曇りや雨の日などのために日射強度が足りず、発電した電力では不足する場合や発電していない夜間などは、電力会社からの電気を使います。こうした電気のやりとりは自動的に行われるので日常の操作は不要です。


「タイナビ」で太陽光発電無料一括見積もり

高速ジューサーと低速ジューサーの違い

ジューサーには、高速回転と低速回転の2つのタイプがあります。いずれも、ミキサーのように材料を全部入れてから作るのではなく、一つずつ入れながら作り、液体を別に加えなくてもジュースになります。

高速回転ジューサーは、ミキサーに搾る・濾すという2つの機能が付いたものです。ミキサーは切り刻んだままですが、高速回転ジューサーはそれを搾るという工程がプラスされています。

高速回転でジュースと搾りカスに分けられるので、サラッとしたジュースができますが、分離してしまいます。

また、ジュースの色が薄めです。刃を高速回転させるモーター音がうるさいのはミキサーと同じですが、ミキサーよりは美味しいジュースができます。

低速ジューサー(スロージューサー)は、刃がないのが特徴です。石臼式ジューサーや低温圧搾式ジューサーとも呼ばれます。

スクリューを低速回転させながら、素材をスクリューで巻き込みギューっと圧縮してジュースを搾り出すため、搾りカスが出ます。

高速回転ミキサーやジューサーとの違いは、材料を切り刻んだり、高速回転で撹拌したりせず、圧縮して搾るので空気と混ざりにくいことです。

このため、ジュースの栄養素や酵素の酸化が少なく、他のジュースに比較して栄養素の抽出能力に優れており、そのまま食べるよりも、栄養素の吸収率が高いと言われております。

色が濃いので、色素に含まれる栄養(フラボノイド/ポリフェノールの一種など)も搾れていることが分かります。モーター音が静かで、値段も高めです。

クビンス低速ジューサー

業務用と家庭用高圧洗浄機の違い

業務用の高圧洗浄機は食品関係、各種工場、物流倉庫、農畜産関連の施設、漁業、建築現場において、床やパイプ洗浄、側溝の掃除、設備や網などの洗浄、錆び取り、塗装前の外壁洗浄、車両、重機の清掃等など色んな箇所で使われてきました。

業務用の高圧洗浄機の用途は、広い床面積の洗浄、温水でないと効率が悪い、水や電気が近くにない、毎日稼働している工場や農業・畜産関連の日常清掃、複数台の車両の洗車、広範囲の管洗浄、塗装前の外壁洗浄などに使われております。

その特徴は、 長時間連続使用でき、使用する水量が、多く作業時間が短縮できることにあります。

家庭用は、2000年代に家庭向けにドイツケルヒャーの製品が浸透し始め、いろんな箇所の掃除が簡単に出来て、清掃作業も短縮し、掃除が楽になるという口コミが広がって、しだいに、身近なものになってきました。

家庭の高圧洗浄機は、狭い面積の洗浄、窓や外壁の清掃、自家用車の洗車、庭の散水、溝の清掃、ガーデニングなど幅広く使用されます。しかし、業務用ほど耐久性がないため、過酷な使用には耐えられません。

ヒダカの高圧洗浄機「HK-1890」