財布の持ちかた選び方

財布は、大切なお金を入れて、毎日、持ち歩くものですから、できれば、長く使いたいものですよね。また、それがゆえに、財布は持つ人の性格を表すといいます。

たとえ、同じブランドの財布を持っていても、使う人の使い方によっては、全く違う表情を見せます。 レシートやお札が財布からはみ出している、ところどころ、破れていたりホツれていたりして、いかにもみすぼらしい感じがする。こんな財布だと、その持ち主の生活がいかに殺伐としてものであるかが窺えますよね。財布といえども、メンテナンスや買い替えが必要なのです。

財布は、お金入れるためのものですが、それだけでは使い物になりません。財布には形や素材だけでは分類できない沢山の種類があります。中には、ぱっと見て惹かれる財布もあります。

一目見て、気に入ったからと衝動飼いをしてしまうと、実際に使ってみると、重い、使いづらい、壊れやすいという不満が出てくる場合もあります。これは、財布の持つ機能面をしっかり見極めなかったからなのです。

また、サイフはお金の必要性に応じて変化しております。特に、最近はカードやSUICAのように、お金やそれと同じ価値を持つカード類などが多くなってきており、財布の必要性や求められる機能も変化しております。

人によって、財布の持ち方が異なります。カバンに入れて持ち歩く、小分けして持ち歩くなど、財布も持ち方と財布の持つ機能が合致しているかが、何よりも大切なのです。

「財布屋」の【開運財布】で金運アップしょう!!