業務用と家庭用高圧洗浄機の違い

業務用の高圧洗浄機は食品関係、各種工場、物流倉庫、農畜産関連の施設、漁業、建築現場において、床やパイプ洗浄、側溝の掃除、設備や網などの洗浄、錆び取り、塗装前の外壁洗浄、車両、重機の清掃等など色んな箇所で使われてきました。

業務用の高圧洗浄機の用途は、広い床面積の洗浄、温水でないと効率が悪い、水や電気が近くにない、毎日稼働している工場や農業・畜産関連の日常清掃、複数台の車両の洗車、広範囲の管洗浄、塗装前の外壁洗浄などに使われております。

その特徴は、 長時間連続使用でき、使用する水量が、多く作業時間が短縮できることにあります。

家庭用は、2000年代に家庭向けにドイツケルヒャーの製品が浸透し始め、いろんな箇所の掃除が簡単に出来て、清掃作業も短縮し、掃除が楽になるという口コミが広がって、しだいに、身近なものになってきました。

家庭の高圧洗浄機は、狭い面積の洗浄、窓や外壁の清掃、自家用車の洗車、庭の散水、溝の清掃、ガーデニングなど幅広く使用されます。しかし、業務用ほど耐久性がないため、過酷な使用には耐えられません。

ヒダカの高圧洗浄機「HK-1890」