FX会社の約定能力の重要性

FX業者を選ぶ重要なポイントとしては、安心感、スプレッドの安さ、スワップポイントの高さがありますが、取引ツールの使いやすさや約定能力の高さも重要です。

特に、サーバーが弱く、処理能力の低いFX会社は非常に危険です!

約定能力とは買いや売りの注文がエラーなく指定どおりに執行され、スリッページ(価格のズレ)の発生が少ないことを言います。

例えば、約定能力が低いFX業者では、約定を確認するまで1分掛かった、注文を出したけど約定を確認できない、出した注文を取り消したいのに出来ない、注文した値段と違う値段で約定してしまったなどと言ったトラブルが頻繁に起こります。

このため、サーバーの処理能力が高くリッページ(価格のズレ)が発生しない業者を選ぶことは、スプレッドが狭い会社を選ぶことと同じぐらい重要なのです。

その点、ヒロセ通商は、約定率が99.9%なのでほとんどリッページ(価格のズレ)が発生せず、オリコンランキングにおいて総合1位の人気会社ですのでオススメです。


ヒロセ通商のLION FXは、成行約定能力99.9%