永代供養の注意点

田舎の墓地に行くと、墓石がうずたかく積み上げられ苔が生えている光景を良く見かけます。少子高齢化に伴い、後継ぎがいなくてお墓を管理する人がいなくなり、結局、墓石が打ち捨てられてしまったのです。

このような事態にならないため、最初から永代供養を選択する人が増えております。

永代供養は、後継者がおらず墓守ができない人に代わり、寺院や墓園業者が永代にわたって供養と管理を行ってくれます。

しかし、永代と言っても、永遠に続くのではなく、10回忌、30回忌や50回忌までといった期限付きの場合が多いようです。

そして、この期間が終了した後は、合祀墓に合祀されることが殆どですので、永大供養を申し込む場合は、管理規約や加入規約をよく確認する必要があります。

また、お墓の後継者が改宗などによって檀家を辞めるなどした場合、永代供養の契約が破棄されるケースも多いので注意が必要です。

さらに、永代供養を行っている寺院の廃寺や霊園自体が倒産することによって、お墓そのものが消滅してしまう可能性も決してゼロではありません。その場合は「永代」が保証できないことも考えに入れて置く必要があります。

「もしもドットネット 」