男性看護師の給与事情

看護師と聞くと女性を思い浮かべる方がほとんどでしょう。実際に平成22年では女性看護師92%に対し男性看護師はたった8%しかいません。

そして、一昔前までは男性看護師といえば精神科勤務が主でしたが、最近ではその他の科目でも男性看護師の需要も高まっています。 

しかし、給与面で比較すると、平成22年のデータを見ると女性看護師の平均年収470万円に対し、男性看護師の給与は462万円と、女性の給与を下回っています。

このように、男性看護師が女性看護師よりも年収が低い理由としては、絶対数が少ないために、それに比例して看護部長などの役職につく人数も少なくなる事などが考えられます。

また、一般的に、大規模病院の方が小規模病院よりも年収が高い傾向があることから、結婚や出産で一度職場を離れた女性が再就職する際には、福利厚生が充実している大規模病院を選択する場合が多く、その為、女性看護師の年収が上がる一方で、同じ職場で働き続ける男性看護師の年収は、女性看護師ほど上がらない事も理由の一つのようです。

日本最大級の看護師転職サービス「ナースパワー人材センター」