高層マンション住民に必要な防災用品

2016年4月に九州熊本・大分で大きな地震が発生し、震度7の地震が2回、その他、大小様々な地震が1000回以上も続きました。

このため、1回目の前震では耐えられた家屋も、2回目の本震で倒壊し、多くの市民が非難所への避難を余儀なくされました。

しかし、交通が途絶した阿蘇地方では陸の孤島となり非難所に非難することもできず、自宅の庭などにテントを張っての生活を余儀なくされました。

また、非難所そのものも損傷を受けたため、車の中やテントで避難生活を強いられました。 このように、災害が発生しても非難所に避難できるとは限らず、電気・ガス・水道などのライフラインも遮断された中での、屋外での長期避難生活を余儀なくされるのです。

特に、高い確率で予想される「首都直下型地震」では、ライフラインは長期にわたって遮断される可能性が高いため、電気を前提にして生活している高層マンションでは、直ちに日々の生活の困ることになります。

停電になれば、エレベータだけでなく、水も断水してしまいます。こうなると、高層階に住んでいる人ほど外に出られず、水や食料も届けてはくれないため、備蓄が無くなれば、たちまち、生命の危機に直面することになります。

このため、耐震構造のおかげで建物は全く被災していないのに、ライフラインが遮断されたため、避難所に避難しなければならなくなる可能性が高くなります。

しかし、避難所での生活は、想像以上に過酷なものです。エアコンもなく、固い床の上にシートを引き、狭いスペースで寝起きしなければなりませんし、プライベートな空間は存在しません。

他人の話し声やいびきによって安眠できず、暴力や盗難は日常茶飯事の出来事になります。 このため、ストレスで精神的にも、身体的にもまいってしまう人が続出します。

そんな過酷な場所に避難しないようにするためには、ライフラインが回復するまでの間に必要な防災用品を十分備蓄しておく必要があります。

まず、水がなくても用を足せるよう、簡易トイレは最低1週間分用意しましょう。また、補給が無くても1週間は大丈夫な量の水と食料、それに、調理用の簡易コンロ、ガスボンの備えが必要です。

これに、ランプや非常用のバッテリーなどがあればOKでしよう。あとは、エレベータが動かなくても、1日に何度か階段を往復できるような体力を作っておくことも大切です。

「ソリューヴ」は【有害物質を除去】するセントラル方式の浄水器です。