子供の教育費は貯蓄よりも学資保険が有利

子供を持つ親に取って、子供の成長に伴って増大する一方の教育費をどう捻出するかは頭の痛い問題でしょう。

給料が年々定期的に上がっていた時代は、親のスネをかじられる程度で済んでおりましたが、給料が中々上がらず、へたをすると、減らされたり、リストによって収入さのものが無くなったりする今日では、スネどころか命まで削られかねない深刻な問題でしょう。

そのための救済策として学資貸与制度がありますが、それすらも返せない若者が増え、自己破産に追い込まれる始末です。

このため、生活に余裕がある内に、教育費をどう貯めるかが子供の将来に直接かかわってくるのです。

その方法としては、学資保険か貯蓄が考えられますが、今日のような低金利の時代では、貯蓄を活用して将来に備えるのはかなり難しいと言わざるを得ません。

このため、今、学資保険(こども保険)が注目されております。これは、医療保障や死亡保障は付いていませんが、将来の子供の学費を積み立てることを重視したもので、中には返戻率が100%を超える商品もあります。

つまり、支払った保険料よりも、満期保険金(満期学資金)と祝い金の金額の方が上回ることを意味しております。

また、保険契約者である世帯主に万が一のことがあった場合には、保険料の支払いは免除されるというメリットもあります。

この他にも、低解約返戻金型終身保険の商品に、積立利率変動型というタイプがあります。

これは、市場金利が上昇すれば、一定の基準に基づき解約返戻金も増えるという優れもので、変動といっても、通常のタイプと同程度の解約返戻金が最低保障されているので、学資保険の代わりもなります。

「保険のトータルプロフェッショナル」で【お金の悩み】を解決!相談0円♪