動画配信の活用方法

動画がすっかり定着している今日、動画を使いこなしているユーザーはどんどん増加しております。動画は訴求力の高さがあるので、ビジネスでうまく使いこなせば、絶大な効果を生み出すことが出来ます。

■商品説明

新製品、機能の説明などを動画にするれば、その特徴を分かりやすく伝えることができます。

また、使用している雰囲気、細かい説明があるときなどにはさらに効果的です。

特に、旅行や観光関係の商品の場合は、文字では伝わりにくいサービスの紹介なども動画で簡単に伝えることができ、消費者の購買力を引き出す効果が期待できます。

■社内コミュニケーション

プレゼンテーションにおいては、メリットや想いを動画にすることで的確に顧客に届けることができます。

社員教育で動画を活用するメリットは、文字で読むよりも短時間で簡単に理解できます。

■企業案内、採用案内

専門用語が多い事業を行っている企業にとって、企業案内や紹介は難しいものです。

しかし、動画と音声を使えば、文字にするよりも簡単に顧客にイメージを伝えることができます。

さらに、動画にエンターテイメント性を持たせることで、他の企業と差別化できることもありますし、話題性も期待できます。

また、職場の雰囲気を感じてもらえることができるので、採用案内に動画を活用すると効果的です。

チャットレディはこうして選ぼう

情報収集力で、人に差をつけるには

昔から、情報収集能力が重要だと言われておりましたが、近年は、特にその重要性がますます高まってきたのではないでしょうか。

仕事で周りと差をつけるためには、「情報収集力」を高めることが欠かせません。なぜなら、厳しい競争社会を生き残るヒントを日々探らなければ、この変化の激しい時代においては、簡単に負けてしまうからです。

この、情報収集力が重視されるようになった背景にあるのが、まず、ネット上に様々な情報が溢れるようになったこと。

そして、デジタルメディアの成長やスマートフォン、ソーシャルメディアの登場で、誰もがいつでも容易に、あらゆる情報を収集できるようになったことにあるでしょう。

たしかに、誰もが膨大な情報を容易に得られるのは、素晴らしいことではあります。しかし、その反面、情報収集すること自体に追われて、何のために、何の目的で収集するのという肝心なことを見失ってしまっている人も少なくありません。

情報が溢れるネットの海に溺れず、周りと差がつく仕事に活かせる情報収集の能力を身に着けるにはどうすればよいのでしょうか。

10年前なら、「新聞を読んでいれば十分」 とよく言われたものでした。しかし、そんな時代はとっくに終わりました。そ

んな新聞に取って代わった存在が、スマートフォン(スマホ)です。スマホの利用行動は「ニュース検索・閲覧」が最も多く、約7割に上るとのことです。新聞を1誌読むだけでなく、通勤時間に、スマホを使って、複数の媒体でニュースを読む。

さらに、最近では、様々な手法で情報収集のヒントを伝授するセミナーやビジネス書が登場しています。こうしたことを活用することも、一つの方歩ではないでしょうか。

アフィリエイトに有利なサイト作り